ペットボトル症候群

はじめに

ペットボトル症候群とは、砂糖の入ったジュースやスポーツドリンクを飲み続けることよって、血液中の血糖値が高い状態になることを指します。

尿の回数が増える、のどが非常に渇く、体がだるくなるといった症状があらわれますが、ひどいときには意識混濁に陥ることもあります。糖尿病の症状が急激にあらわれた状態ですが、もともと糖尿病の遺伝的な素因がある人が発症することが多いようです。

糖尿病は肥満の人の病気というイメージがあるためやせすぎの私たちには関係のない話のようですが、必ずしもそうではないようです。

糖尿病とは

小麦や米、麺類などの炭水化物は、小腸でブドウ糖まで分解された後血液中に吸収されます。血液中のブドウ糖は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモン物質の働きによって体中の細胞に取り込まれ細胞のエネルギーとなります。インスリンは、各細胞の扉を開ける働きがあり、この作用によって始めて細胞にブドウ糖が取り込まれ結果として血液中の血糖値が下がります。

糖尿病は、何らかの理由によりインスリンの働きが低下し、ブドウ糖が各細胞に取り込まれにくくなっているため血糖値が下がらないという病気です。インスリンの働きが低下する要因として大きく下のような理由が考えられます。

  • インスリンの分泌量が少なくなっている。
  • インスリンは分泌されているが細胞の扉が上手く開かない。(インスリン抵抗性といいます)

糖尿病の診断は、通常健康診断で行われる空腹時血糖値の検査とブドウ糖負荷試験という検査により行います。ブドウ糖負荷試験とは、ブドウ糖溶液を飲んだ後1時間後及び2時間後の血糖値を調べて血糖値の下がり具合を検査する試験です。これらの検査により糖尿病あるいは境界型と診断された場合は、治療方針について医師の指示を受けることが必要です。

原因と対策

スポーツドリンクや炭酸飲料などのジュースを毎日1リットル以上飲む習慣がある人で、もともとインスリンの働きが活発ではない人は、繰り返し起こる急激な血糖値の上昇に対してインスリンの働きが追いつかなくなり血糖値が高い状態になる可能性があります。

従って、水分の摂取はなるべく糖分の入っていない飲み物を選ぶことによってペットボトル症候群のリスクを減らすことができると思われます。

一方、インスリンの働きが活発でない人の中には、本来ブドウ糖の余りは脂肪として貯蔵されますが、細胞内に十分にブドウ糖を取り込めないため、たくさん食べても太れないという人もいるようです。

日本人は、もともとインスリンの働きが活発ではない人が多いようです。そのため偏った食事によって肥満になる前に、つまりやせているのに糖尿病になってしまう人も少なくありません。血糖値を正常な範囲に維持するためには、発症してしまう前から食事内容と運動の習慣に取り組むことが重要と考えます。

小麦や米、麺類などの炭水化物は比較的血糖値を上昇させる食べ物です。しかし、タンパク質や脂質とのエネルギーバランスがあるため炭水化物だけを減らすことは好ましくありません。これらの炭水化物は、野菜などの繊維質な食べ物と一緒に摂るとゆっくりと吸収され、単品で食べたときよりも血糖値の上昇が緩やかになります。また、適度な運動はインスリン抵抗性をある程度改善し、ブドウ糖の各細胞への吸収率が上がるといわれています。

本サイトが、提案する食事法は、糖尿病の方のためではありませんが、正常な範囲にある方が健康を維持するための食事にも役立てると考えております。是非ご参考下さい。

以下の記事もあわせてどうぞ!:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ