トランス脂肪酸についてのメモ

トランス脂肪酸とは?

私たちの身の回りには、植物油脂を使った加工食品がたくさんあります。

例えば、ポテトチップス、スナック菓子、菓子パン、揚げ物、レトルト食品などなど。また、洋菓子や菓子パンなどの材料になるマーガリン、ショートニングなども植物油脂を使った加工品です。

ところで植物性の油は、下のような特徴を持っています。

  • 常温で液体である(一部個体のものもある)
  • 酸化しやすい

しかし、マーガリンは常温で個体を保っています。また、マーガリンを日の当たるところで長期間放置してもほとんど傷まなかったという実験結果もあるようです。

これは、植物性の油の持つ常温で液体で酸化しやすいという特徴を改良するために、加工の過程で水素を強制的に添加しているためです。このことにより、常温で個体となり、酸化に対して安定的になり化学構造も変化してしまいます。

この変化した植物油脂をトランス(狂った)脂肪酸と呼んでおり、化学構造がプラスチックにそっくりだといわれています。名前からして体に悪そうですが、やはり心筋梗塞や動脈硬化の原因のひとつといわれています。

毎日新聞のトランス脂肪酸:含有量表示への記事

油の摂り方

油は1gあたりのカロリーが高いため、太るために効率的に摂取カロリーを増やすことができますが、菓子パンの食べすぎに注意の記事でも説明しているとおり、植物油脂を含む食品を大量にとるといろいろとリスクが高まりそうです。

スナック菓子や洋菓子は僕も大好きなので、極端に厳しく規制するとストレスが溜まってしまいます。

普段の3食の食事は、加工品をなるべく使わずにバランスの良い食事を心がけ、自分へのご褒美として上手にお菓子を取り入れていきたいですね。

以下の記事もあわせてどうぞ!:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ