胃腸機能を正常に戻す食生活

食べ物を消化する上で重要な働きである消化酵素による分解やぜんどう運動を、自分の意志でコントロールすることはできません。これらの働きは、特別意識することなく体の中で自動的に調節されています。

体の中で消化酵素を作り出したり、胃や腸がぜんどう運動を行うにはエネルギーや酵素を作り出すための材料が必要になります。

例えば消化酵素は、アミノ酸を主たる材料として作られます。また、筋肉の運動には、エネルギーとしてのグリコーゲンが必要となりますし、筋肉の働きの調整にはミネラルが関係しています。さらに、消化酵素の作用によって栄養素が分解されるときにはさまざまなビタミンが必要となります。

つまり、食べ物の栄養素を体に取り入れるための消化運動は、それ自体に様々な栄養素を必要とするわけです。

食欲がなかったり、胃腸に負担を掛けたくないという理由から朝食を抜いたり、うどんばかり食べる食生活が長く続くと慢性的に消化に必要な栄養素が不足し、さらに食欲がなくなるという悪循環に陥ってしまいます。

従って、胃腸の消化機能を正常に戻すすなわち太るためにはためには消化に必要な栄養素をまんべんなくとる必要があるわけです。結局、多くの人がなんとなくわかっているけどなかなか実践できないバランスの良い食事が重要なのです。

[PR]
バランスの良い食事は食材選びから。新鮮な食材を自宅にお届け。
食材宅配といえば

以下の記事もあわせてどうぞ!:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ