こんな食事はますます痩せる!

痩せすぎの人にありがちな1日の食事を例にどんな栄養バランスになっているか検証してみました。痩せすぎに限らずサラリーマンやOLの人であれば、ひょっとしたらこのような食事パターンは多いかもしれません。

痩せすぎにありがちなある1日の食事と栄養バランス

栄養素の摂取状態を表したレーダーチャート

朝食
トースト、コーヒー
昼食(外食)
きつねうどん、おにぎり1個
夕食
から揚げ弁当、ビール

きつねうどんやから揚げ弁当の栄養素は、一般家庭で作った時の分量で算出してます。また、表の各栄養素は、「男性」「30~49歳」「活動レベル低い」としたときの必要量を100としたきに、どの位摂取できたかをパーセントで表しています。

おせじにも良い栄養状態とは言えません。タンパク質、脂質はまだましですが、ビタミン、ミネラルがほとんど摂れていません。

炭水化物、タンパク質、脂質を消化吸収するためにはいろいろなビタミンが必要です。この状態では、摂った栄養素が効率よく吸収されていないでしょう。

食事内容を少し見直しました

見直した食事の栄養素に関するレーダーチャート

朝食
トースト、コーヒー、チーズ
昼食(外食)
きつねそば、おにぎり1個
夕食(外食)
焼き魚定食

朝食にチーズを加えました。これによりカルシウム、ビタミンA、ビタミンB2がすこし補強されます。

昼食は、外食でうどんそば屋に入ったと仮定して、うどんをそばに変更しています。麺だけを単純比較するとそばのほうがビタミンB1、B2を多く含みます。

夕食は、コンビニや弁当屋でから揚げ弁当を買ったと仮定していますが、それなら近所の食堂で焼き魚定食に変更したほうが栄養価的には優れます。このグラフは、魚をいわし、味噌汁ではなく豚汁で計算しています。

しかし、これでもカリウム、ビタミンE,B1,B2,Cは必要量の70%にも及びません。これ以上バランスを良くするのであれば、やはり自炊しなければ難しいです。例えば朝食を、ご飯、納豆、ビタミンCを含むじゃがいもの味噌汁にするだけでさらにビタミンB1,B2,Cが補強されます。

食生活を知る

大切なのは、今の食生活での栄養状態を知るということです。太りたいのであれば本来ならば、3食バランスを考えて自炊するのが望ましいんでしょうけどきっちりやろうとするとなかなか難しいでしょう。

毎日食べている食事の状態がわかれば、健康食品やサプリメントも上手に使うことが可能になります。

今の食生活が栄養的にどうなっているのかを知りたい方はメールフォームよりお気軽にご連絡ください。

以下の記事もあわせてどうぞ!:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ