太れない原因は、歯周病だった?

かなり久しぶりの更新です。

ここしばらく、生活環境の変化や仕事環境の変化などで体重計にほとんど乗ってなかったんですが、先日なにげに測ったら54kgまで増えてました。僕的には大進歩です。

体重計の写真

頬のげっそり感がなんとなく薄れてきたような気がしてたんですが、気のせいではなかったようです。

さて、ここしばらく太るためにどんなことに取り組んでいたかというと、基本的にはこのブログで書いていること以外はやっていません。

実は、こんな感じの取り組みはずっとやってたんですが、胃もたれで食欲が落ちたり、下痢したりで思うように効果が上がらないというのが実情でした。

ところが、ある時期を境に胃もたれや下痢の頻度がかなり減って、食欲がアップしてきました。

それは、歯周病の治療です。

30代で部分入れ歯に(後編)の記事でも書いていますが、歯周病の治療をしてから胃の不快感がぱったりとなくなりました。

今思い返すと、歯茎の出血や痛みが始まった時期と胃もたれに悩まされだした時期も、だいたい一致しています。(30代で部分入れ歯に(前編)の記事参照)

歯周病と胃もたれの因果関係を示す報告などは、僕が調べた限りでは見つけられませんでしたが、すくなくても僕の場合は、人間ドックで胃に炎症などの問題がないことを確認していたことも考慮すると可能性が高いなと思っています。

歯周病が、流産のリスクを高めたり、高齢者の方であれば肺炎の原因になったりするので、人によっては胃もたれの原因になっても不思議ではないかなと思います。

まだまだ、身長に対しては痩せているのは間違いないのですが、僕にとっては大きな前進です。

次は、60kgを目指していろいろと取り組んで、報告していきたいと思います。

以下の記事もあわせてどうぞ!:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ