ご飯1日3杯の女性→糖尿病リスク1.5倍

ごはんを1日に3杯以上食べる女性は、1杯だけの女性に比べ、糖尿病になるリスクが1.5倍程度高くなるという調査結果を東京の国立国際医療研究センターを中心とする研究班がまとめました。

以下は読売新聞の記事の引用

米飯の摂取量との関連を調べたところ、女性の場合、1日に茶わん3杯を食べるグループは、糖尿病の発症率が1杯のグループに比べて1・48倍に、4杯以上だと1・65倍になっていた。ただ、肉体労働やスポーツを1日1時間以上行うグループは、摂取量と発症率に目立った関連はなかった。男性の場合、女性に比べて摂取量との関連は小さいが、運動しない人の発症率は高まる傾向にあった。

1日に茶わん3杯といったら、普通に朝昼夕とご飯1杯ずつ食べたらリスクが高まるということです。これはちょっと聞き流せない記事ですね。肉体労働やスポーツを1日1時間というのも結構ハードルが高い気がします。

太るために1日3食ご飯を1杯ずつ食べたら実は糖尿病のリスクが高まるのではいったい何を食べればよいのかという感じです。

以下は読売新聞の記事の引用

米を多くとる女性の生活習慣などが糖尿病を引き起こしている可能性もあり、今回の調査からは、米が糖尿病の原因になっているとは断定できない。

上の記事からも米=糖尿病というわけではなさそうですが、リスクを下げながら太るためにできることは

  • 1日1時間とまではいかなくても楽しんで続けられる運動を見つける。
  • 血糖値があがりにくい雑穀米を取り入れる。
  • 血糖値を上げる清涼飲料水を控える。

ぐらいでしょうか。

以下の記事もあわせてどうぞ!:

“ご飯1日3杯の女性→糖尿病リスク1.5倍” への1件のフィードバック

  1. たまごかけご飯のトッピングは?   ご飯1日3杯の女性、糖尿病リスク1.5倍

    あー、私は後悔が

    好きな人間です。(´□`。)

    昨日、友人と三人で

    ボージョレーのハシゴ

    ですよ。

    オイスターバーで

    とりあえず生ビール。

サブコンテンツ

このページの先頭へ