口内炎の予防について

はじめに

やせすぎの人にかかわらず口内炎を経験したことがある人は多いと思います。経験のある人は分かると思いますが、食べ物や飲み物がしみてとにかく痛く、1週間から2週間悩まされることもしばしばです。太りたいと思っている人にとって痛みのあまり食欲が落ちてしまうことは好ましくありません。

このページでは、口内炎の原因について整理するとともに管理人が心がけている予防法について紹介します。口内炎は、口腔癌などの大きな病気が隠れていることもありますので決して軽く考えず、症状が長引く場合は専門医に診てもらうことをお勧めします。

口内炎の原因

口内炎の原因は、ストレス、偏った食事によるビタミンB2の欠乏、アレルギー、口内にできた傷、口内の環境などが考えられます。実際は、これらの要因が複雑に絡み合うことが多いためはっきりとした原因を特定できないことが多いようです。管理人が口内炎になる場合によくある状況は、下の通りです。

  • うっかり口の中を噛み、その傷が口内炎になる。
  • 外食などが続き食生活が乱れる。

一般的に体にできた傷が化膿してしまうのは、傷口における細菌などの繁殖が原因です。化膿と潰瘍は厳密には異なりますが1つ目の口の中の傷が治らずに潰瘍化し口内炎になることについては、口の中の環境に原因がある可能性があります。

ビタミンB2の欠乏は口内炎の原因となります。2つ目の食生活の乱れは、ビタミンB2の摂取量が足りていないか、あるいは摂取量は足りているが何らかの理由で体の中でビタミンB2が不足している可能性があります。

口内炎の予防

口内炎の治癒に期待される方法として、ビタミン剤によるビタミンB2の補給や傷口に直接ぬる薬などがありますが、一旦口内炎ができてしまうと管理人の場合思ったほど効果がないことが多いです。したがって、口内炎ができないように予防することが最善と思われます。

ビタミンB2は、脂質の代謝をサポートする働きがあるため、脂質の多い食事をよく摂るとビタミンB2を多く消費するため結果的に不足してしまう可能性があります。揚げ物、チョコレートやケーキなどのお菓子、ナッツ類などは脂質の割合が多いためこれらの食事に偏らないようにすることが大切です。ビタミンB2は、レバー、うなぎ、卵、豚肉などに多く含まれるため、これらの食品を適度に摂りながら1日の食事全体で5大栄養素のバランスを摂る必要があると思われます。具体的な献立については左のメニューからご参考下さい。

一方、口内には無数の細菌が生息しています。日中は、唾液による自浄作用により細菌が繁殖することはありませんが、睡眠時は唾液の分泌が抑えられるため細菌が一気に繁殖してしまいます。朝起床したときに、口内炎に気がつく事が多いのは口内にできた傷が睡眠時に繁殖した細菌によって潰瘍化している可能性があります。

対策としては、適切なブラッシングによる歯磨きと丁寧なうがいにより口内の環境を整えることが重要と思われます。また、頻繁に口内炎ができる人や一旦できてしまった場合は、殺菌作用のあるうがい薬によるうがいによって早く治る可能性が高いです。

以下の記事もあわせてどうぞ!:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ