小松菜の栄養情報

特徴

関東地方で古くから親しまれてきた野菜ですが、現在では日本各地で生産されています。非常に寒さに強いので本来冬が旬の野菜ですが、暑さにも強いため通年を通して栽培されています。

栄養価の高い野菜

小松菜には様々な栄養素などが含まれます。とくに多く含まれる栄養素としてはビタミン類では、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCを含みます。ミネラル類では、カルシウム、鉄を含みます。ホウレンソウと同じような調理をされることが多いですが、柔らかくてくせがなくアクも少ないため扱いやすい野菜です。

下の表は、小松菜100gに含まれる主要な栄養素が、1日の必要量に対してどの位含まれているかをパーセントであらわした表になります。お浸しなどで1人分として50g程度使うと、下の表の約半分の栄養素が摂れることになります。

主な栄養素 1日の必要量
に対する割合(%)
エネルギー 1
タンパク質 3
脂質 0
カリウム 6
カルシウム 23
28
亜鉛 3
ビタミンA 61
ビタミンE 21
ビタミンB1 3
ビタミンB2 4
ビタミンC 21
塩分 0

小松菜の摂り方

小松菜は、カルシウムを多く含む野菜のひとつです。味噌汁、煮物、炒め物、お浸しなど調理の幅が広いのでカルシウムを含む献立を考えるときには使いやすい食材です。また、意外とバターとの相性もいいため洋風な調理にも使えます。

以下の記事もあわせてどうぞ!:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ