自転車で食欲増進

このページでは、管理人が趣味として楽しんでいる自転車にについてご紹介したいと思います。みなさんが、なにか運動のネタをお探しの際の参考にしていただければと思います。

自転車の種類

自転車といっても、単に移動のための道具として割り切ればいわゆる”ママチャリ”で十分でしょう。しかし、スポーツとして楽しむために自転車を選ぶと意外といろんな種類があります。また、自転車の種類も景色を楽しみながらゆっくり快適に走るレベルから何十キロもの距離を高速に走るレベルまで用途に応じて選べます。

スポーツ用の自転車は、大きくオフロード用とオンロード用に分けられます。オフロード用はマウンテンバイク(MTB)と呼ばれるものでその名の通り山などの舗装されていない道を走るための自転車です。砂利などでパンクしないように太くてごつごつしたタイヤを装着しており、前輪にサスペンションを装着しています。(後輪にもサスペンションを装着しているタイプもあります)また、自転車のフレームもがっちりした作りをしています。

一方、オンロード用はロードバイクと呼ばれるもので舗装された道路を速く長い距離を走るための自転車です。路面の抵抗を少なくするためにタイヤは細く溝も殆どなく、車体も非常に軽いです。高価な自転車になるとフレームに軽く強度の高いカーボンという素材を使用しているモデルもあります。また、ハンドルは前傾姿勢をとりやすくするためにドロップハンドルという特殊な形をしています。

マウンテンバイクとロードバイクの中間に位置付けられる自転車としてクロスバイクという種類もあります。マウンテンバイク寄りのモデルとロードバイク寄りのモデルがありますが、いずれにせよタイヤはロードバイクほど細くなくマウンテンバイクほど太くないものが多いです。ハンドルはフラットタイプのハンドルでサスペンションは装着していないタイプが多く、その代わりにシートポスト(フレームにシートを差し込んでいる棒状の部分)に簡易的なサスペンションが装着されているタイプもあります。

自転車タイプ毎の特徴

通勤などの移動のために使うことも踏まえて、それぞれの自転車の特徴を下の表のようにまとめました。

内容 マウンテンバイク クロスバイク ロードバイク
舗装路の快適性 タイヤが太く溝は深いため路面の抵抗が大きい バイクのモデルによるが、路面抵抗は比較的小さい タイヤが細く溝は殆どないため路面の抵抗が小さい
歩道などの段差の対応 太いタイヤとサスペンションが衝撃を吸収するため問題ない タイヤがある程度の衝撃は吸収するため概ね問題ない タイヤが細く溝が少ないため、スリップやパンクに気をつかう
砂利道などの走破性 フレームや各パーツも含めて専用設計であるため走破性は高い バイクのモデルによってはある程度走行可能 フレームや各パーツの耐久性もなく、タイヤが細く溝が殆どないため走行は困難
長距離走行の対応 路面の抵抗が大きいため高速での長距離使用には不向き タイヤの種類によるが比較的長距離、高速走行向き フレームや各パーツも含めて専用設計であるため長距離、高速走行向き

自転車の競技には、初心者から楽しめる草レースから本格的なレースなどがあります。そのようなレースに参加しようとするとクロスバイクは中途半端になってしまう可能性はありますが、オールマイティに使えることからスポーツ自転車の入門用としては最適な自転車だと思います。

自転車の楽しみ方

自転車の競技は、競技内容が細かく分かれています。この項目では、競技としての楽しみ方ではなく、サイクリングとしての楽しみ方についてご紹介します。

これまで「ママチャリ」に乗っていた方がクロスバイクに乗るとスムーズさや快適さの違いに驚くと思います。管理人も移動のための道具だった自転車が、走るだけで楽しいという認識に変わりました。普段見慣れた道路の景色や町並みもいつもとは違う感覚で楽しむことができると思います。また、初心者向けのスクールやツーリングを実施している自転車ショップも多いため一緒に走る仲間を見つけることは難しくないでしょう。天気の良い日に気の合う仲間と美味しいお店巡りをしながらのツーリングは、身も心もリフレッシュできるためおすすめです。

クロスバイクも含めてマウンテンバイクやロードバイクはある程度規格が統一化されているため、パーツの変更もいろいろな選択肢があります。グリップ(ハンドルの握る部分)やサドルはいろんな色や形があるため手軽に交換ができるパーツのひとつです。ブレーキや変速機などもよりグレードの高いパーツに交換することによってパフォーマンスを高めることができます。自分好みな自転車にカスタムすることによってより一層愛着が増すことと思います。

以下の記事もあわせてどうぞ!:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ