食事量の設定方法

やせすぎで悩んでいる人は、身長に対する標準体重に対して10kg以上少ないことが多いと思います。従って活動レベルと必要エネルギー量でも書きましたように年齢に対する必要エネルギー量に対して食事の量が足りていない可能性が高いです。これは、胃腸が弱いため食べようと思っても食べられないためだと思われます。

例えば身長170cm体重50kgの場合、標準体重を63kg程度としますと、現在の体重は標準体重に対して約80%(50/63=0.79)の体重になります。

年齢が30~49歳、男性で活動レベルが「低い」の場合、必要エネルギー量は2,300キロカロリーになりますが、体重が標準体重に対して少ないため、必要エネルギー量も目安として同じ割合で減らすと2,300×0.8=1,840キロカロリーとなります。そこで、食が細いために必要エネルギー量分だけ食べられないという人のために1日に摂るべき目標エネルギー量を、1,900キロカロリー前後になるように献立を立てています。

女性の場合、年齢が30~49歳で活動レベルが「低い」の時の必要エネルギー量は、1,750キロカロリーですので、同様に1日に摂るべき目標エネルギー量を必要エネルギー量の80%程度として1,500キロカロリー前後になるように献立を立てています。

年齢によって必要エネルギー量は若干異なりますが、18歳以上であれば大きくは変わりませんので、食が細くて痩せすぎている人であれば目標エネルギー量は同じと考えて良いと思われます。

各5大栄養素につきましては、年齢に対して必要となる量を極力満足するように考えてありますが、必要エネルギー量が若干少なめなので各栄養素についても若干満足できていないものがあります。

以下の記事もあわせてどうぞ!:

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ